すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
レースイベントのレポートを久しぶりに書いてみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

車載工具は移動

車載工具は毎回のように使うのでツールボックスは積んでおくことにしました。
ただ、ノーマルの位置は納得できないので探し回ったところ、写真の位置にちょうどよいスキマを発見!屋外用のインシュロックでしっかり吊りました。

ここならバイクの重心に近く、影響は最小限と思います。
いわゆるマスの集中化でございます。

ちなみに元あった所は取付プレートを切り落とし、ヘルメットホルダーも割り切ったのでスッキリ!フレームのパイプしかありません。
こうなると、スタックした時につかみバーが無くても、とても持ちやすいです。

ステップは重量増だが、、、

上の写真はレアルエキップさんのセロー用ワイドステップキットです(画像拝借)
ウチの場合はこれをベースに、同じくレアルさんのWR250F用バックステップキットを買い足してフットペグを交換。セロー用で5ミリ後退+WR用で15ミリ後退=合計ノーマル比2センチ後退し、立った時の操作感がちょうど良い感じになりました。
ブレーキペダルの位置は変えていませんので2センチ遠くなった事になり、やはりアクションしやすくなったのですが、26.5センチの足では思ったよりも「踏みにくい」ということはありません。
以前GASGASのTXT2000というトライアル車に乗っていましたが、そのブレーキペダルの方が遠くて踏みにくかったような気がします。
ここは軽量化に逆行し、差し引き110gの重量増になりましたが、足からの操作感がすばらしいのでもうノーマルには戻れません。
ワイドステップのサイズ、クオリティ共すばらしく、とても気にいってます

シフトリンケージを排したので点線部分が不要になりカット。それを後ろ側に溶接して、自作のアルミレーシングスタンドの取り付けステーへ流用しています。

2007.1.28
現在、ステップの上の通称「もなかプレート」は外してあります
またドライブスプロケット部のカバーは大きく切り取って形が変わっています

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links
<< 2 / 2

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ