すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
チェーンの無給油潤滑を一年間やってみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・チェーンの無給油潤滑
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

アーシングは効果アリ

このバイクに重量増となる改造は現在わずかに2つ。ワイドステップとアーシングです。
ホームセンターで6ミリの太いOFCケーブルとア−シング用金メッキ圧着端子を仕入れ、自分なりに考えて配線してみました。

クランクケースの発電機付近===点火コイル
バッテリーマイナス端子===点火コイル
バッテリーマイナス端子===シリンダーヘッド点火プラグ付近 の3本です

元からついている クランクケース===バッテリーマイナス端子 の黒線はそのまま残しています。

結果は、まず始動性が良くなり、アフターファイヤがポンポンパンパン言っていたのがかなり減りました。
アフターファイヤがすると言う事は燃え残りの生ガスがエキパイやマフラーの中で燃えているということからすると、シリンダーの中で強い火花による完全燃焼が促進された?と考えてます。
パワーフィーリングは爆発の1回1回がハッキリしたような、トルクが増したような感じで、イメージ的には225ccがちょっと大きくなったような感じです。

キャブからマフラーまでセッティングがバッチリ合っていて、乗っていて気持ちがいいです。

せっかくやるのに「アーシングの効果が良くわからない」というのは悲しいので、ぶっといOFCと金ピカのごつい端子、また圧着ペンチでしっかり結線し、端子接続部をよく磨いてからネジ留めしました。その気持ちに電流の流れが変わったようです!
<< PWKキャブは超お気に入り! | main | お尻が痛い対策 >>









http://serrow.terasg.com/trackback/75755

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ