すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
気付けば最後の更新から5年も経っていた。
いろいろあった、どっぷり嵌まってもがいた5年だった。
環境が少しは落ち着いてバイクにも少しは乗れるようになってきた!
なんか久しぶりに自分の部屋に帰ってきたみたい

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル
 ・第2回山走り大会(2011G-Net第1戦)

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

リアサスのオーバーホール

SOC掲示板やタンデムさんHPでのご指摘通り、4JG1のRサスユニットのバンプラバーはすでに跡形も無く、気にはなりながらもこれといった機会もなく、2万円程度の費用もかかることから今までそのままで乗っていました。

しかし先日、Fフォークのオーバーホールをして動きが良くなった(スライドメタル交換とOil交換+粘度を冬用に8番程度に調整)分、リアサスの動きの悪さがちょっと目立ってきて、このたびKOレーシングさんにお世話になりました。

もちろん外したついでにスイングアームのリンク部グリスアップもやりました。
普段、グリスガンで入れているし、このバイクのリンクはブッシュなのであんまり更新した感じはありませんでしたが。

鹿児島から帰ってきたサスにはしっかり力強そうなバンプラバーが装着され、真っ黒なオイル(おそらく生産されてから15年近く使用)がきれいに入れ替わっていることでしょう!
見えないけれど気持ちいい〜
これで三木アネックスのテーブルトップを失敗しても大丈夫ぽいです(^_^;)


サスユニットの脱着はガスリザーバータンクが通らないのでキャブやらタンクやら外すハメになりましたがスッキリ元通りに。

さてどんなもんかなと、シート後端をぐっ!ぐっ!と、手で押してみてびっくり!動きは別物です。
「 んっ、ヒ コ(あれ?)  んっ、ヒ コ(あれ?)」から
「スコ(おっ!) スコ(おっ!)」 

こんなかんじです。
スムーズだし、動き始めに タメ みたいな抵抗がありませんです。
草トラレースで1日乗った感じは、リアがバタバタせず、軽い感じがしました。
フルボトムするほど飛び降りたりジャンプはまだしてませんがちょっと楽しみです

と言っても、今までが新車当時から大きく悪化していたのであって、ま、正常に戻ったワケですが、自分は中古で買って正常状態を知らないワケです。
だからグレードアップしちゃった感じがするんですね

価値ある出費だったと満足しました♪
<< E-Oilドレンストレーナに磁石を付けてみた | main | スイングアームの(気持ちだけ)軽量化 >>









http://serrow.terasg.com/trackback/564355

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ