すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
チェーンの無給油潤滑を一年間やってみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・チェーンの無給油潤滑
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

E-Oilドレンストレーナに磁石を付けてみた

セローのエンジンのオイルフィルターは左下のドレンボルトの内側に入っているストレーナだけだと思いこんでいたのです。で、こないだ右側にちゃんとしたフィルターがあるのを知って自分で笑っちゃったわけですが、、、、

開けてビックリ、このように金属粉がびっしりつかまっていました。


清掃すれば再度使える物でしたが、濾過面積の小さい古いタイプのフィルターだったので新しい物に交換しました。(新しい物は網がヒダヒダになっている)

下のストレーナーでも金属粉をつかまえられるように磁石をつけてみました。

最近入手しやすくなったネオジウムマグネットを利用。

これら磁石クリップの物をホジホジして使います。

これを2個、網をはさんでカチッ!とくっつけ、念のため極細のステンレス針金でカゴ状に、磁石を2個イチに巻いて絶対はずれないようにします。

調べてみると、ネオジウムマグネットは小さくても強力なのですが、熱にはあまり強くなく、100℃だと多少は減磁するらしいです。
仮に磁力が半分になっても元が強力なので充分かな、と。

そういう点ではサマリウムコバルト磁石の方が高温環境に向いているそうですが入手出来ません、、、(普通の黒いフェライト磁石では弱すぎです)
ということで大事を取って針金で固定しました。


オイルまみれで写真がうまく撮れなかったので図で説明します(SUS針金は省略)

オイル交換してから10時間乗った後、磁石を追加し、その後10時間走ってから点検した状態です。

赤で示すような形で細かい粉末状の物がねっとりと磁石全体を取り巻いていました。
実際の色は黒でした。

青で示すような物が外側に5〜6片くっついていました。
メッキが剥がれたような薄い金属片でした。実際の色は光沢あり金属色。
これは収穫があったと思いました。

実は今までここのオイルの流れる方向がわからなかったのですが、金属片の付き方で謎が解けました。

自分としては付けて良かったなと思っています。新しいストレーナを使ってきれいに作り直し


現在はこれをつけて走っています。

ちなみに愛用しているオイルはMOTUL 300V 4Tです。
ちょっと高いけど、1Lポッキリで済むしね。軟弱なエンジンに無理させているからせめてオイルだけは良いのを入れてあげようかなと。
エンデューロやトライアルセクションで無理させてもしっかり潤滑を保ってくれています。
<< フロントブレーキの効き改善 | main | リアサスのオーバーホール >>









http://serrow.terasg.com/trackback/459008

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ