すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
レースイベントのレポートを久しぶりに書いてみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

フライホイール軽量化

今までエンジン自体はノーマルだったすうぱあセロー号ですが、ED2戦を通じて乗り手がちょっぴり成長できたのか、エンジンに対して少し要求が出てきました。

登りでギアが高すぎた時やトライアルぽいセクション内で、極低回転で粘る感じはとても気に入っているのですが、反面、エンジン内の回転マスが重く感じる場面があります。
そこでレスポンスのニブい所を改善したくてエンジン内の軽量化について以下の方法を調べました。

 1.フライホイールだけそこそこ削る
 2.バランサーだけ外す
 3.バランサーを外し、フライホイールも少し削る

このメニューのどれを行うかで1週間も迷いましたが、セローオーナーズクラブの掲示板でみなさんにご意見を頂いたり、チームテクニカルのM井さんのアドバイスも参考にさせていただいて、かなり3に傾いていたのですが、まず今回は1だけすることになりました。


ノーマルのフライホイールです、写真下部の外径が大きい部分を削ります。


年季の入った旋盤で、ビールを燃料にM井さんが快調に削ります。いい味出してます。

フライホイールの軽量化
軽量化完成。セルのワンウェイクラッチをはめるのがおもしろい作業でした。


M井さんとのやりとり
ノーマルの粘りが好きなのでフライホイールを「少し削って」と頼んだら「そんなもん、めっちゃ削ってもたる」とビール片手にいわれてしまいました。
戻したかったらノーマルのフライホイールなんかそこらじゅうごろごろしてるって。
スコルパの新型トラ車DOHCエンジンの小さいフライホイール見てみ!こんな小さいフライホイールでこの粘りや!と言われて乗せてもらう。
驚きの低速トルク。
「フライホイール軽くしても粘りには関係ない」とおっしゃる。
とはいっても「まずはこのくらいにしとったろか」と、M井さんとしては控え目の切削量です。
バランサーを外すと「めちゃくちゃ良く回るようになる」が、「振動によってライダーが疲れやすいとかネジ類が緩んだりするデメリットも無いとはいえない」と言われました。

しかしセローという乗り物はおもしろいです。
昔、HONDA HRCのRTL250Sという4stトライアル競技車に乗っていましたが、これよりもセローのエンジンの方が低速で粘る気がします。
それが最初セローに初めて乗ったとき「これ使えるやん!」てビックリした所です。
RTL-Sでトライアルをすると時々パスンとエンストしますがセローはここまで粘るのか!と驚くほどトッ、トッ、トッ、トッ、と、止まらずに登ります。
ギアが高いな〜と思っても、エンジンが半クラ欲しいと言いません。
それがなんだかけなげでかわいいのです。


☆トライアルセクションを走ってみたインプレ☆

空ぶかしでパクッパクッとアクセルを開けると明らかに早く回転がついてきます。
フロントアップもノーマルよりしやすいです。
ただし、その差は劇的という程ではないです。基本的に言って、メインジェットが上げられるような改造ではないので出力自体は変わってないからです。

でも乗りやすくなったためか、すぐ新しい感覚になじんでしまいました。
良い物にはすぐ慣れるのです。

スタート前にフルロック8の字(アイドリング+半クラ)で練習しますとまったく問題なしです。
ステアケースにクラッチどかんとつないで行く時は少しだけ多目にアクセルを開けた方がいいかなとは思いました。
ロックセクションなどアクセルワークで行く所は早くついて来るので走りやすいです。
ヒルクライムも途中の加減がしやすく、登りの途中の障害物も越えやすいです。


10セクション×3Lapを走っての成績は今までで一番良かったです。
その間、エンストしたのは1回だけです。
この時はアクセルを閉じたままクラッチの指が疲れて不意につながってしまいました。
そんなぎりぎりエンストするかしないかの境目は少し違うかもしれません。
回転エネルギーの蓄積が少なくなっているのだから当然で、そこの違いは感じました。
「無理させるとやっぱり止まったな」と。
ちなみに去年、サンデーファミリートライアルの時は1度もエンストしなかったので、セローのエンジンはすごいなと感心したものです。
フライホイール軽量化のメリットをたくさん感じられた一日でした。
<< ウワサの段付きシート試作→張り替え | main | チェーンガイド取り付け >>
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2007/07/07 6:31 AM |










http://serrow.terasg.com/trackback/430218

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ