すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
レースイベントのレポートを久しぶりに書いてみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

プチ鍛造シフトペダル

ノーマルのシフトペダルとそのリンクは全部鉄製で、外して手に持ってみるとずっしり重いです。
それに加えノーマルのステップとシフトペダルの間隔では、激しくアクションライディングをすると思わず足が当たってしまい、余計な変速をしてしまいます。
そのため、トライアル競技車ではシフトペダルが遠い位置にあり、左足をステップから完全に離さないとシフトが出来ないようになっています。
一般道走行ではトライアル車のセッティングでは遠すぎるし、かといってノーマルでは近すぎるので、その中間を狙いました。
サイクルワールドさんでアルミ製可倒式シフトペダル(2500円くらい)をみつけ、途中でカット。
バーナーで焼いて鍛冶屋さんみたいにハンマーでたたいて写真のように成形しました。
(ちなみに、曲げてしまったアルミのレバーを直すときも焼かないと折れてしまいます)

ステップは次のページで説明しますが、バックステップになっていることもあり、土踏まずで乗ると、シフトペダルはぎりぎりつま先に当たりません。
もうアクションし放題です!
変速するときは左足を少しだけ前へずらすとシフトペダルにとどきます。
そんな位置関係で、一般走行もトライアルランも無理なく両立できるようにしています。
その他の良い所は、アルミの単品だけなので超軽量。
リンクを介さないのでシフトフィーリングはショートでダイレクトでカチッと入ります。
また、最小限に短く小さいので、転倒しても損傷の心配はほとんどありません。
<< クラッチあれこれ | main | ステップは重量増だが、、、 >>
http://serrow.terasg.com/trackback/40038

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ