すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
レースイベントのレポートを久しぶりに書いてみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

クラッチあれこれ

これは軽量化目的ではなく、クラッチ操作を軽くするためにエンジン側のアームにかかっているバネを除去しました。
しばらくは引っ掛けを外しただけで様子を見て、バネは残したまま乗っていたのですが、特に問題ないのを確認してから軽量化の為にバネ自体を除去しました。
そのかわり、クラッチレバーの戻りが悪くなる方向の改造ですので、ケーブルインジェクターを使い、こまめに注油しています。
あまりメンテナンスしない方にはお勧めできません(と言いながらゴミだらけですね)


余談ですが、過去に別のバイクでクラッチケーブルのインナーが切れたことがあり、応急処置で太いSUS針金を通して代用したことがあるのですが、驚いたのはその操作感がすばらしかったのです。

いかにもツルツルした「モノフィラメント」なインナーが、途中の抵抗を感じる事なく指の力をクラッチスプリングに伝えてくれるといったものです。

両端に「玉」を作るのはむずかしいので、レバーに穴を開けて針金の端部をからませて固定します。
操作感は油圧クラッチとすごく似ています。握っていく時のスムーズで軽い感じといい、握ったまま保持する時の重さといい、そっくりです。ただし、撚り線でない為、しなやかさがない分、ハンドルを切った時にケーブルのクセを感じます。

トライアル的な乗り方であれば半クラッチで保持することが多く、その場合は普通のワイヤーのほうが途中の抵抗により、クラッチスプリングの反力が軽減され、意外と指は楽です。


今はマグラの油圧化キットみたいな良い物があるのですが、結構3万円以上しますし、ワイヤー式の方がシンプルで軽いし、レバーの遊びを手軽に調整出来るので僕はワイヤー式のクラッチが好きです。
<< メーターギア軽量化 続編アルミカラー取替 | main | プチ鍛造シフトペダル >>
http://serrow.terasg.com/trackback/37438

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ