すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
気付けば最後の更新から5年も経っていた。
いろいろあった、どっぷり嵌まってもがいた5年だった。
環境が少しは落ち着いてバイクにも少しは乗れるようになってきた!
なんか久しぶりに自分の部屋に帰ってきたみたい

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル
 ・第2回山走り大会(2011G-Net第1戦)

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

クラッチを軽くする事を考えるページ

クラッチレバーを人差し指1本で引けるとバイクの操作上いろんなメリットがあります。
しかし、クラッチが異常に軽いトライアル車以外の車種でこれをやるとすぐに指の力がなくなってしまいます。

ノーマルセローのクラッチも「普通に重い」という印象で、トライアルごっこをする時に指1本ではちょっとつらいですね。
ここで秘密流の「軽くする」を考えてみたいと思います。

**************************************************
操作時、指にかかる負荷とは・・・

A.4本のクラッチスプリング を縮める負荷
B.クラッチアームに巻き付いたスプリング を縮める負荷
C.クラッチケーブル内のワイヤー摺動摩擦
D.クラッチレバー軸受けの摺動摩擦
E.その他細かいリンク部や軸受けの摺動摩擦

これらをまとめて指1本で引こうというわけです。

Aは無いとクラッチ機構が成り立ちませんね、4本のスプリングにワッシャをはさんでクラッチを軽くする方法もありますが、全開パワーがかかるとすべってしまう根性なしのクラッチになる恐れがあります。
アクセルをあまり開けないビギナーや女性ライダーにはいいかもしれません。

BはCの摩擦を打ち消してクラッチレバーをちゃんと元の位置に引き戻しやすくする為のものです。
ケーブルインジェクターで常にワイヤー注油などのメンテをするという前提で、これは取り外してしまいます。(本HPのどこかに記載しています)

Cは、たとえば、油圧クラッチシステムに変更すると限りなく0になります。油圧にしても0にならないのはマスターシリンダーやクラッチポンプ内のピストンのOリングが摩擦をしながら動いているからです。
秘密式ですが、ワイヤーケーブルのまま油圧のタッチに近くする方法は、クラッチワイヤーのインナーケーブルを切って引っこ抜き、かわりにステンレスの針金を通して代用することです。
これは以前、インナーが切れた時に応急処置でやってみたら操作タッチがすごく滑らかで油圧クラッチのようだったのです。撚り線のワイヤーに比べて針金は1本で表面がツルッとしているからケーブル内の抵抗が少なかったからでしょう。

Dここも無いと成り立たちません、すぐ目に触れる場所でもあるので頻繁にモリブデングリスを塗っています。

Eエンジンの中を通っている所は普通どうしようもないので、せめて見えるリンク部はせっせと注油するしかありません。

**************************************************
ワイヤー式か油圧式か・・・

Bは外してしまう、ADEはある程度しかたない、では残るCをどうするか。
油圧クラッチはすばらしい機構ですが、私的にはケーブル式のクラッチも好きなのです。
ケーブル式の長所は、

1.シンプルでトータル重量が軽い。
2.遊びをすぐ調節出来る。
3.引いたままあるいは半クラッチ状態で保持する時、案外ラク。

3はナゼなんでしょう?
ケーブル摺動に抵抗があるためクラッチスプリングの反発力がケーブルの途中でひっかかった形になり、すべて指にかかってこない。だから、半クラッチの時間が長い乗り方をしていると油圧クラッチの方がクラッチスプリングの反発力をもろに感じて指が疲れやすく思います。(みなさんどうですか?)

実際、セローに油圧システムを付けたクラッチを握らせてもらいましたが、やはり引いて行く時は滑らかで軽いのですが、切ったままじっとしていると、あるいは半クラッチあたりで微調整しようとすると、バネの反発力がもろに全部指にかかっているような感覚でした。

油圧にするにはパーツ代が3万円ほどかかりますし、ワイヤー式に手を加えれば長所を活かして乗りやすくなるというのがこのページの狙いです。

**************************************************
クラッチ操作はテコの原理だから・・・

クラッチレバーの操作時に指を動かす距離は数センチです。
対してその末端のクラッチスプリングが縮まる距離は数ミリです。
おおざっぱに言って 10:1 程度のレバー比があるわけです。
これをたとえば 12:1 にすれば入力は2割程度軽く出来ますが、同時に2割程度大きく操作しないといけないことになります。(比を大きくしすぎるとクラッチが切れない事になります)

秘密流がこだわるのは、どこでレバー比を変更するか、なのです。

条件1.セローが重量増にならないこと
条件2.安くてオリジナリティがあり、工作が楽しいこと
条件3.シンプルで故障の原因にならないこと

**************************************************
レバー比を変える場所・・・

従来、クラッチを軽くする為に多く取られている方法は2つ。

1.エンジン側のクラッチアームを長く伸ばす方法
2.レバー側にイージークラッチを付ける方法
(番外編:リッターバイク等で電動アシスト付きのクラッチもあるね)

1はセローのどの型か忘れましたが、クラッチアームが直角直角に曲がっている物の場合、これをまっすぐ伸ばせばよいのです。しかし、この方法は4JG1では伸ばせる形状ではないので使えません。

2のイージークラッチとは、内部に小さいテコそのものが入っているパーツで、これにクラッチワイヤーをつなぎ、レバー比を変えるものです。
長所としては、レバー比をいろいろ変更出来るようになっています。
短所としては重量増となり、工作が不要で私的にはおもしろくありません。

**************************************************
そこで考えた。クラッチレバーへの加工・・・

クラッチレバーのタイコ穴を加工してレバー比をここで変える事を考えました。
この方法の利点は前述の条件を満たすものです。

操作感はたしかに軽く切れますし、半クラッチの微調整がやりやすいです。

以下写真をご参照ください。


ノーマル穴を埋めるのに使ったエポキシ
右が加工前のレバー(加工ついでにショートレバー化してあります)



右が完成した秘密レバー
当然、縦溝の底も掘ってあります


ちなみに、、、ちゃんとあるんですね!ガルル2007 4月号の112ページに同じ考えの商品が載っていました。(ここのお店の看板犬は人なつっこくて最高です)
<< 体重測定〜!ここらで重量実測&ポリタンクの謎 | main | レギュレーター取り付け変更 >>
ひろっちさんへ

クロスアップさんに電話したら在庫あるそうですよ
ま、工作できる人ならそれも楽しめますけどね
けっこう、秘密号のなかでも手間がかかった部類ですんで。
| てら | 2008/05/22 12:36 PM |

早速のお返事ありがとうございます。

なんとなくわかったような・・・

でも、クロスアップさんに商品がないです。
(ウルトラライトクラッチと思うのですが)

工作しようと思っています。
| ひろっち | 2008/05/21 10:41 PM |

ひろっちさんへ
ご質問ありがとうございます
ここでの作用点はタイコ穴の位置になると考えます
その結果、力点の移動距離が増える事になり、強い力でワイヤーが引かれ、スプリングを縮めます

もし、商品でお探しなら クロスアップ さんをリンクに追加しましたので聞いてみてください、良いお店です。通販もできます。
タイコ穴の位置が3通りくらい選べるようになっているクラッチレバーの商品があったはずです。
自分の知識も怪しいですから、できればその方をお勧めします。

工作がお好きなら参考にしてやってみてください
でもその場合、安全の為に信号待ちや踏切でギアを入れたままクラッチ切って待つような事はしないほうがいいと思いますね
| てら | 2008/05/19 9:43 AM |

SLのクラッチを軽くしたくて検索していて見つけました。

こんな質問すると、おバカのようですが、

軽くするには、単純にボルト穴と太鼓穴の距離を短くすると良いのでしょうか?

てこの原理で、
支点はクラッチレバーのボルト穴で、
力点はクラッチを握る部分、
作用点はスプリング側ですよね。



| ひろっち | 2008/05/18 11:17 PM |










http://serrow.terasg.com/trackback/325718

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ