すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
レースイベントのレポートを久しぶりに書いてみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

シュラウドまわりとRサスのタンク

シュラウドを前から見るとぽっかり丸見えです。
(5)がスノコを切って残したパーツです。
(1)はアルミ板で作り替えたホーンのステーです、車体穴に差し込む突起はブラインドリベットで手抜き工事、こうゆう強度的にどうでもいい物はアルミのボルトに替えたいのですが、値段高いよね〜。

(2)はシュラウドの下端同士をつないでいるステー、これもアルミ板で作り替え。

(3)はクラッチケーブルを半固定しているノーマルの部品、なぜか残ってます。近々除去予定です。

(4)はRサスのリザーバータンクの台座、今まで気づかなかったのですが無駄に大きいような気がしてきました。



その後、、、
(3)は切除しました。
(4)を小さく切り落としました(半分くらいの面積に)

このリザーバータンクは手に持つととても軽かったです。


小さくなった取付座に強力ブチルテープでサブタンクを貼付けて太いインシュロックで止めました。ステンレスのホースバンドを無くして少し軽くなりました。
この時点でガソリンタンクをポリタンクに換装し、ノーマルのシュラウドもなくなりました。
新しいページに「ポリタンク化」というのがありますので参考にしてください。
<< 一応、キレイなセローに仕上げたい | main | メーターのデジタル化 >>
http://serrow.terasg.com/trackback/28066

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ