すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
ブラックバレーのレポートに、ふみねこみやたさんからも写真を拝借して追加しました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・ブラックバレー広島レポート
 ・2T腰上整備からのプラグ話まで
 ・smartcarb 28mmインプレ
 ・2019サバイバルin広島
 ・FREERIDEとセローのスポーク互換
 ・電磁クラッチモーターばらし
 ・ブーツのなんやかんや
 ・VE-33s GEKKOTA


リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

ブラックバレー広島

2019 11/24 ブラックバレー広島 レポート

広島スタイルのゲロいレースは自分たちで作るしかないと
元気なジジたち、いやお兄さん方が開催してくれました
(写真はカワツさんとみやたさんより拝借しました)

サバ広はあちこちに 愛 があるから、セクションを前に絶望することがあまりないのだけど
こちらは決して愛がないワケではなく、
客層を絞りうまいさじ加減で、迂回は少なくしてギリギリの難易度を狙ってありました

この「危険ではなく難しい」コース設定が見事で、本当に面白いコースだった

ゼッケンは受付順の44、
ガソリンは軽くして一周で給油するつもりだけど、その1周に苦労するかもしれない?の5.5L
スタートはユルい登りのゲレンデで、若い番号順に10台ずつ。

朝10時、4グループ目最後尾の50番手からゆっくり付いていく。


まずはおもてなしヒル

すでに斜面には数台絡んでイゴる人たちやスタックしてる人もいたが、うまくすり抜けた、ここだけでも15台は抜いたかな
ここで気付く。SC2キャブが薄い、ウォーミングアップでは分からなかったが気温と開け方がいつもの山と違うのだろう。
尚、高度補正はしなくていいはずだ。

バツ2ヒル

手前には行く気があれば越えられる溝があり、正面ど真ん中のステアは 早くも盛大に舞ってる人がいて悪い予感しかしない。
ここは無難に右手の迂回へ行く。
その後尾根を登る途中で停めSC2キャブを2クリック濃くした。
心配して大丈夫ですか?と声を掛けてくれるライダーがいたが、まさかキャブセッティングを変えているとは思わなかったのだろう。
レース中にそんな気遣いをしてくれる人がいるハードエンデューロが好きだ。

調子を戻し、キャンバーターンからのヒルクライムなど数ヵ所。
コース一番奥の神棚というセクションに到着。

ちょっと目でやられる頂上がオーバーハング気味のヒルクライムで、ミスると宙を舞うが助走もあるし真っ直ぐな跡だけでここには誰も居なかった。

ヤミ金ヒルがなんで ヤミ金 なのかwよく解らないが、アクセルを戻さなければ登れるのと、最後に失速したら切り返して上がれるラインはあった

左の斜面から行く人もいたがメリットあるようには見えなかったな

そのあとやらしいキャンバー「うさキャン」が延々続いて

マムシ谷
左の土手に一旦登ってからの右の斜面へスピードを乗せたまま行けたら登れるんだが、切り株やら立木やらに絡んで2回下からやり直した

ちょっとした下りを抜けたら集計
その前にトランポに戻り1Lだけ給油
ここまで28分で9位かそこらだったらしい

2周目
この集計までは「琴引設定」で
ここからスタート地点「真の一周」までが「裏琴引設定」だそうだ。

さっそく緊張感のあるキムステ3でひゃっとしたあと、、、

問題の「2周目ヒル」

ここが一番難解だったと思う
入口ステアが左右2本あり、普通の選択だと右、からの左上の踊場へ斜めに上がって、

それから右上までキャンバーで登って切り返し左上の出口へ
なんだが、どうもツルツルヌルヌル木の根やら他のバイクやらで時間を喰う

最初のステアに上がった勢いでそのまま踊場まで行きたいのだけど、ツルツル踊らされてる人が邪魔で一番下まで降りてみたりして苦労した

黒谷(ブラックバレー)

水の少ない沢を登っていくと大きい岩がたくさん出て来て、高低差のあるセクションになってる。
まだ荒れておらずほぼ到着順にイゴって抜けていくのだが、車格の大きい人はタイヘンそうだ。

体力をすっかり奪われた状態で最後の直登にトライ
下見では角度と長さで登れる気がしなかったけど、イケルイケル!ってジジたちが言うし体も遅れずアクセルさえ戻さなければ案外一発だった

そしてやっとゲレンデをかすめて
真の2周目
バツ2ステアはどのラインも大盛況で
どうせ待つならまた迂回に並んだ

各セクションには一周目を楽しんでる(苦しんでる)人多数、ムリなく先に行かせてもらいながら順調に進める
それを上回ってマツノさんがラップしてくる「ウラン君に追われとるんじゃ〜行かせてくれるかのぅ」
カッコいいそんな事言ってみたい

ザ ヒルのあたりで雨がパラついた
このコースで本降りになるとタイヘンだ回れる気がしない
集計までに降りだしたらゴール待ちだと思った。
しかし雨は止み、さっきはやり直したマムシ谷も一発クリーンだった。

2回目の集計
その前にトランポへ
ちょっと食べてちょっと給油
雨も大丈夫そう、集計を通る。
12時ジャスト


行くよね3周目。ゴールまで1時間、クローズまで1時間30分もあるんだもん
(しかし2周目は1時間32分かかってた)

だがツルツルは磨かれ、ラインは塞がれ、2周目ヒルで完全にどハマり。
最後の手段、助け合い運動のつもりで助けたら行かれてしまう始末。あぁ重たいバイクだったなぁ(笑)
まあしかたないそもそも自力で上がれない自分が悪いのだ

ブラックバレーのロックセクションでも苦労する。

2周目よりも掘れていて登れない。体力と時間はどんどん削がれる。
幸い直登は登れた。
たしかあと30分を切ってたと思う。

バツ2ステアでは気力を削がれたライダーが多くなったが相変わらず舞っているので、またもや迂回に回ったけど荒れていて先客が流れず、またステアに戻る。
しかたなくど真ん中にアタックすると一発でスタッと上がってしまった。
なんだ最初から使えたやん

バツ2ステアでも時間を使いすぎ、とうとう間に合わない気がしてきた。
あせってペースを上げるが後の祭り。
ヤミ金ヒルに向かう途中で13:30となり試合終了、あと10分くらいだったかも?反省〜。

12時0分の2周で待ってたとしたら完走なしの7位
3周を13:30間に合ってたら同じ7位だけど完走付き
今回はそれらを逃してDNF43位これが実力でした。


来年は1ヶ月早く、G-NET戦としても開催される模様、今から楽しみ!

やっぱりこんなコース最高楽しかったです!
editor てら
<< smartcarb 28mmインプレ | main |
あー、みつかった!こっそり訂正スミマセン
倒れないように祈りますね
| てら | 2020/01/12 11:11 AM |

こらこら、ブラックバレー広島・・広島だ〜、
今年は熱中症が怖いの〜、なんで10月にするかの〜、謎
| ヒゲカジ | 2020/01/12 8:42 AM |










トラックバック機能は終了しました。

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ