すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
チェーンの無給油潤滑を一年間やってみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・チェーンの無給油潤滑
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

チェーンの無給油ドライ潤滑

チェーンに油を付けて40年(笑)
チェーンに油脂、は固定観念になりつつも、マディも走るようになってから、ちょっと疑問を持つようになりました。
「塗っても塗っても磨耗する」
「粘度の高い油もいかがなものか」

特にアルミのスプロケがよく減ります、
泥で乗りゃ仕方ないですが。

tmはパワーもあったし特にすぐ減りました
スプロケの歯が減ると駆動力が均等にチェーンに掛からずチェーンが伸びます。
(各コマ間に遊びが出る、ですが)

粘着性の油が付いていると、余計泥を噛んで減りが早い気がします。
ベトベトよりはさらっとした方が良い。

などと思っていたらクロスアップさんでこんなものを見つけました

モトクロス用のチェーンスプレー

スプレー品としては高かったですが性能としてこれはとても良いです。

潤滑液を塗るというより、グラファイト膜を塗装する、というイメージです。
泥も付着しにくくなります!←ここ重要
そして防錆性もあります。

類似品と比較して、最も塗膜が厚くて強いが乾燥時間は長い。
塗装中はエグい臭いがするので有機溶剤用のマスクと塗装ブースまたは屋外作業必須。(乾くと大丈夫です)

チェーンをバイクに装着したまま噴射するのはやめたほうが良いと思うなー。
あくまで「塗装」なので乾燥も必要だし周りのマスキングが大変です。
そこらじゅう真っ黒になってしまいますよ。
リムやらブレーキディスクにも確実に飛んでしまうのでえらいこっちゃです。
細吹き泡泡のチェーンスプレーを吹くようなイメージで使ってはいけません。

僕はチェーン、スプロケ、フェンダー類を全部外して「個別に塗装」しました
特にフェンダー内側は乾いた後にこすって磨くと鉛筆の芯のような艶が出てさらに泥が落ちやすいです、
一時期やってみたスポンジを貼るよりはだんぜん良いです。

次に見つけた安いやつ。

値段は半額以下ですが値段なりにまあまあです。
吹いた瞬間は頼りないのですが乾くと薄い塗膜が出来ます。
強さは上記の物には及びませんが手軽に使えます。

いずれも飛び散るので筆で塗りたくなりました、それで探したのがコレ。

1万円以上しますが今はこれ一本です。
塗膜の強さは最初の物にはやはり勝てませんがチェーンを一周回してどぶ付け出来るのが利点です。
ローラーの間にもしっかり染み込んでくれます(^-^)v
やはり強い臭いがするので室内ではやめたほうが良いです、有機溶剤のマスクをしてないとシンナー中毒になりそうです。(乾けば臭いは大丈夫です)
使用上のコツとして、具が沈むのでM10のナットを2〜3個放り込んでおき使用前に良く撹拌します。
新品の時やしばらく使わないと沈殿が固まるので棒でほぐさないとダメです。

一年間運用。
オレンジのスプロケ前後と純正シールチェーンを一年前に新調してから、完全無給油で運用してみました。
シールチェーンは最初ブレーキクリーナーで表面を脱脂してからグラファイト塗装。
スプロケの歯にも塗りましたよ。

チェーンのシールに悪影響があっても人柱と思いましたが、特に問題もなく、チェーンオイルを差していた頃と比較してチェーンやスプロケの持ちも良く、チェーン引き調整もいつやったか忘れました。

晴れ時々水溜まりで2時間乗ったスプロケです、

金属同士は接触せず、グラファイト層が圧縮されているのが見えます。
ここは普通ならオレンジアルマイトもむけてアルミの地色で真っ白です

泥のアクサバではさすがに2時間ほどでグラファイト層がむけてチュルチュル鳴りましたが、それでチェーンやスプロケがオシャカにはなりませんでした

泥々を洗車してチェーンを脱水するのにCRCや水置換スプレーは×、油を付けたくないのでブレーキクリーナーだけ掛けます。
その後ほっといて錆びたりもしましたが。

理想はさらにエアーで吹き飛ばしてからグラファイトに一周どぶ浸けですが、なかなかマメにはできませんね。
この写真のように乗りっぱなしでどぶ浸けすることもしばしば(^^;



山遊びは自走を含め2週間に一回くらい、レースは裏琴引、アクサバ6(マディ)、サバ広の3回。

チェーンが伸びた感じは全くなく、クニクニ具合もしっかりしており、まだまだこれからという感じ。
乗り方甘いですけどね(^^;
スプロケは少しちびましたね(^^ゞ
アクサバの時かも?


洗車が楽なのでスイングアームにも塗っちゃいましたよ

その他塗った所は、ドライブスプロケの周辺とカバーの内側、ステップの軸まわり、ステップの内側の縦面、チェーンカバー、アンダーガードの泥が付着する所、シュラウドの内側、ナンバープレートの裏側など。


会社のオーニングの手回し棒の先にも塗りました

何も付けないと回すとき「ギリギリ、ガチャガチャ」して気持ち悪いです(ToT)
グリスを付けていた頃は「ヌキヌキ、カチャカチャ」でしたが
グラファイトを塗ると「ヌクヌク、コタコタ」いう感じ。
金属同士が直接当たってなく、操作が滑らかです、塗ったまま毎日のように開閉して一年間持ってます。

触ると黒く汚れたり、塗装時に臭ったりしますが、沢に油を浮かせない等の利点もあり、油脂潤滑に戻る気は今のところないですね。
<< サバイバルin広島 G-net Rd.2 2017レポート | main |









http://serrow.terasg.com/trackback/1420585

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ