すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
チェーンの無給油潤滑を一年間やってみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・チェーンの無給油潤滑
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

中華油圧プレス修理

リアサスのリンク周りの整備で、ベアリングの圧入をするのに、しばらくはこんなモノで代用してました


ツノ を付けたので、倒すと垂直に押せる

こんなものでも、セロー225W、YZ250F、tm250F en等、リンク周りやピボットのベアリング(セローはブッシュ)を圧入してきました

でもやりにくい。下に抜き落とす場合は悩みます。
やっぱり門型のプレス欲しい!整備小屋にあると雰囲気出ますし
しかしちゃんとした日本製は高くて買えない、ほんで安物に手を出したのがコレ



なんと2万円台で購入
ネットを調べれば値段と生産国なりにいろいろ問題はあるらしい(^^;
自己修理覚悟の上での購入です。
何が出るかな、、、

組立取説はA4一枚。
油圧系統に関しては「考えたらわかるやろ、シロウトか?」的なほとんど説明なし。

開封していきなりインナーチューブ(プッシュロッド?)に大きな傷があり交換してもらいました。
購入店は親切だったのでよかった

右手にセットするポンプが前後方向に長くて邪魔だったので上に移設した


さて始動、硬い木材も軽々と潰せますし
アンダーガードの凹みも簡単に直せます
性能は12トンらしいですが、快適に使えるのは7〜8トンといったところ。それ以上掛けると本体の枠組みが負けてきます
まあ僕の用途には充分です

数回使用後。さっそく油が漏れました(T-T)
漏れながらも使えていたのですが
最近は盛大に大失禁状態。
しまいに圧が掛からなくなりました

さて本題。修理にとりかかりましょう

底のネジはこんな感じで
正立フォークみたい
エアインパクトでは緩まずボルトが飛びそうだった、どんだけ締めてるねん



つぶれた樹脂ワッシャ等いろんなモノが出てくると言われる、下のワッシャ。

ウチのは鉄製が、しかも2枚!しこたま締めてあったが、、、ここ油圧が掛かるんですけど?

プラスチックぽい光沢の樹脂製シール(下側)は硬くツルッとしてて、周囲は傷だらけです。上は購入した坂上製作所のGPY-45
傷から察するとシリンダー内も仕上げなくてはいけません。

2000番とCRCで内面を研磨。


今まで探しても正確な断面図が無く、バラすのは手探りだったので自分が書きましたよ、ご参考に。


短いのが元のボルトで、これを嵌めるには水色で示したロールピンを抜いておき、上の計測穴から針金でリターンスプリングを吊り下げてネジをかまし、バネを引っ張ってピンを入れる、という工程が必要になります。
それがイヤなので長いボルトを買ってきました、全ネジは六角しかなく、

油圧を止めるには座面が汚いので


「丸い物は回せ」

これで銅ワッシャを使えばOKグーグル
あと銅ワッシャが当たる相手面も荒れ荒れだったので仕上げます。

ロールピンとカプラー先端が干渉(A)してたので細いワッシャ(B)を作り、軸を合わせました


オイルはストックのフォークオイルで、と思ったのだけど、こちらの方が安かったのでポチッ


メーター取り付け部のワッシャは樹脂製でしたが一度使うと油圧はもう止まらなかったので

14ミリのホールソーにてt2純アルミ板からワッシャを作りました

フロントフォークを組むのと一緒で、シールを傷付けないように工夫して組み、あとは油圧ブレーキを整備してるような感じでエアを残さないように組んでいきます。
唯一エアが残ってしまうのがメーター内なので、
逆さにして入力穴から油を満たして組立てました。


シール代は700円程+オイルも1000円ちょっと。あとは上記の手間と工夫が楽しめれば良い相棒になると思います。
<< 2011 JNCC ビッグディア広島 | main | サバイバルin広島 G-net Rd.2 2017レポート >>









http://serrow.terasg.com/trackback/1420583

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ