すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
気付けば最後の更新から5年も経っていた。
いろいろあった、どっぷり嵌まってもがいた5年だった。
環境が少しは落ち着いてバイクにも少しは乗れるようになってきた!
なんか久しぶりに自分の部屋に帰ってきたみたい

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル
 ・第2回山走り大会(2011G-Net第1戦)

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

エアブリードバルブを付けてみた

こないだフォークのシールを換えてからマシにはなったけど、エアを噛むのでときどき抜いてやる。

このセローにはフロントフォークのてっぺんにエア抜きのネジが付いてるんだけど、
いちいちマイナスドライバーで回して抜かなければいけないので面倒だった。

設計的にはゆるめるだけで抜ける風なんだけど、実際はOリングが変に挟まってネジごと取ってしまわないとエアは抜けないし、どっかに落として無くしてしまいそうだ。

オートスポーツ加古川のマツイ氏に相談すると
チューブのバルブを切って、タップ立ててはめたるでぇ、と。

それだとキャップをハメれていいんだけど、真ん中を押しにくい。
あ、そうか、まわりを短く削ればいいんだね。

空気入れで加圧するつもりはないし普通のバルブである必要はない
秘密的にはちょっと違うことをやってみたい。

ヤフオクで見つけました 新冷媒134a用などのサービスバルブ用大きいバルブコア。
2つで500円くらい。
右端が普通のタイヤチューブに付いているバルブコアです。

ねじ部はM6-ピッチ0.75いわゆる細目ねじです、普通のホームセンターには細目のタップは置いてません。
たぶん。
あと下穴5.2mm(下限は5.18)のキリと合わせてモノタロウで調達。しめて1000円ほどですかね

下穴はいきなり5.2で広げようとするとアルミにガツッと噛みこんでしまう
なのでいったん4.5くらいので広げてから。
タップ立てはアルミなんでさくっと切れた。
Oリングの嵌め合いがどこで止まるかねじ込んでみると、、、

ばっちし!計ったようにツライチで止まりました!

一応、キャップがわりにシリコンホースを切ってはめておきました。
これでプシュっと大気圧に戻すのが楽になりました♪
<< 三木アネックスパークの楽しい一日 | main | フロントフェンダーの軽量化 >>









http://serrow.terasg.com/trackback/1284846

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ