すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
レースイベントのレポートを久しぶりに書いてみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

超々ジュラルミンのボルトと軽量化コスト

ヤフオクでいいの見つけた。
M6-13ミリ 超々ジュラルミンのボルト 12個 1200円 送料込み

零式戦闘機ナ秘密セロー号ニハ超々ジュラルミン部品ヲ多用スルコト。




同じサイズの鉄だと62gだから全部入れ替えると41gの軽量化。

41g = 1200円 高いか安いか。。。 削ったり穴開けたりの手間を思えば取り替えるだけなので僕は安いと思う。


オンロード走るならあこがれのDUCATI
916の時から指くわえてるDUCATI
道より山の方が面白くなっちゃったけど好きなDUCATI
デスモ単気筒のエンデューロ出してよDUCATI
あ450とかはやめてねDUCATI 勝光山で乗れないから。

DUCATI 1098  173kg 220万円
DUCATI 1098S 171kg 270万円

Sの値打ちは軽さだけじゃないけど
2kg 50万円の差 = 41gあたり10250円


DUCATI 1198  171kg 224万円
DUCATI 1198S 169kg 274万円

やっぱり 2kg = 50万円の差なのである。

極端な例だけど軽量化は価値があるのだ


超々ジュラルミンのパーツは以前アクスルシャフトディスタンスカラーでも使っているが、使った感じは鉄と比べて問題ない強度があると思う。 たぶん。 なのに重さは1/3しかない。

チタンは高い割に鉄と比べて1/2より重い。
安全性に直接かかわる締結部分で心配ならチタンだけど。

マグネシウムが約1/4で一番軽いけど強度がどんなもんか知らない。
ホイールなんかにも使われてるからそこそこ強いんだろうと思う。 たぶん。
昔乗ってたTY-Rのフライホイルカバーなんかはマグネシウムだった。
そのぶつけて割れ方からして、もろい感じだったと思う。 たぶん。


さてどこに12個使うか、、、

フロントフェンダーの取り付けに4個


リアフェンダーからのぞいた所に2個


バッテリーケースの前と、奥にもたしか1個あったかなあ、
左右サイドカバー取り付けネジと合わせて4個
(セローのバッテリーがなんで4A?とここで思った人はこちら

こないだ作ったマフラーエンドパイプ取り付けに3個。



1個足りないじゃん!

<< EDサイレンサー全開化に伴い約80g軽量化 | main | 最強?のブレーキセーバー >>









http://serrow.terasg.com/trackback/1273264

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ