すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
レースイベントのレポートを久しぶりに書いてみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

秘密式洗車キット

ドロドロになったバイクは泥が軟らかいうちにすぐ洗った方が良いのだけど、お山の中で洗うとなるとそれなりの道具が必要だね。

一番良いのはエンジン付きの高圧洗車機。
ブラシでこする必要がなく、奥の方まであっというまにピカピカになり、なによりタイヤに詰まった泥も一瞬で吹き飛ぶ。威力の割には水の消費量が少ない。
難点といえば機械の値段が高いのと、あまりに水圧が強いのでよからぬ所まで水が入ってしまうことがある。

次に見たことがあるのがエンジン付きのポンプ。こちらは水道くらいの圧力しか出ないので家の水道で洗っている感覚かな。水を汲み上げるのが目的の機械なので絞ったノズルを使わないと水の消費量が多い。
機械は安く、2万円弱で買えますが、ブラシでごしごしする必要があります。

本やネットで見たことがあるのがバッテリー搭載の電動ポンプ付き水タンク。ホースとノズルも付いていて水も入れて持ち運べる。たしか3〜4万円したんじゃないかな。

ふみねこさんで見たけど「ジョウロ」でゴシゴシする手もあるらしい。


で僕は、高圧洗車機欲しいけど高いし、とりあえずトランポへ積むのに困らない程度にだいたいの泥を落とすためなら電動ポンプでいいんじゃないかなと。
袋以外は得意のホームセンターで全部材料を調達して作ったのがこれ↓

収納袋は穴あきメッシュのテント生地を縫って作りました。

セット内容
泥を掻き落とすしゃもじとブラシ、延長コード、7Ahのバッテリー、充電器、ポンプノズルホース、サイフォンホース、20Lのタンク2個

使用状態
シガーソケットでバッテリーに接続すればOK。
サイフォンホースに水を満たして両タンクに突っ込んでおけば40Lを連続して使えます。

握ればストレートで3mくらい飛ぶかな。中間で分散に、離せば水(ポンプ)は止まります。

しくみはレバーに穴を開けて押しボタンスイッチを取り付けてあります。
ノズル先端の弁が開くくらい握った所でちょうどONになるようにしてあります。
先端でしっかり止まる散水ノズルを使わないと、水(ポンプ)を止めた時に空気を吸ってホース内の水が全部タンクに戻ってしまいます。再度放水する時に水が上がってくるのを待たなくてはなりません。

ポンプとスイッチをつなぐ電源ケーブルをホースの中に通しましたので使用感がスッキリです。
作ろうと思った方でこれがじゃまくさいと思ったら電源ケーブルはホースの外でもかまわないと思います。
え?そんなもん作りませんって?(笑)

タンクに放り込むポンプ側です。風呂の残り湯を洗濯機に汲み上げるためのもの。だいたい100Vの家庭コンセントから12Vへの変圧器が付属しているのですが、都合良く「交換用ポンプ」として単体で買えます。
一番強いやつを買わないとしょぼくて使えません。釣り鐘型の縦型のやつは弱かったです。

延長コードは、もしバッテリーがなくなったら車のシガーから電源を取れるようにと作りましたがまだ出番はありません。7Ahを充電して持って行けば、勝光山の沢でタンク5個分(100L)以上は放水できました。

これを作ってから10回くらいレース後に使いましたが故障もなく重宝しています。
但し、テージャスでタイヤまで洗うには水タンクが2個では足りません(汗)
最終的には高圧洗車機をかけないと結局奥まで洗いきれないので、やっぱりエンジン付きのが欲しいんですけどね。

自宅で水道が届かない所の網戸を洗う時などや、セロー基地(賃貸ガレージ、水道なし)で物を洗ったりする時も活躍しています。

あ、「これいいじゃん」って思った方はよーく見て楽しく工作してみてね。

2/22アクションサバイバル5にも持って行きますが、三木アネックスパークにはコイン洗車場がありますのでそれを先にやって、トランポ積む前に仕上げでこいつを使おうかな、、、。 あ、100円玉たくさん持っていかないと。
<< 2009 2/1 トレールエンデューロ開幕戦レポート | main | アクサバ5 涙の参戦レポート >>
marburuさんはじめまして 返事遅れましてすみません
そちらのセローもずいぶんがんばっておられるようですね
どんな軽量化されてるのか興味大!です
そう、あるところまでは外す、削る、穴開ける、取り替えるで到達するんですが、その先は、、、スペシャルパーツを製作しないと軽くならないんですよね
。で、自分は今、車体側を軽くしてもスピードアップにつながらないジレンマにぶつかってます。バネ下を軽くするとかサスの動きをどうにかするとか、そっちの方が重要になってきてます。
それに関してはスラストベアリングの件は興味深いですね。
コメントありがとうございました!
| てら | 2009/11/13 11:31 PM |

はじめまして、埼玉のmarburuといいます。私も色々セローで遊んでいまして、たまたまHPを見つけ色々なアイデアがとても勉強になります。現在私の車体も97キロくらいまで軽量化していますが、なかなかその先がキツイです・・・ちなみに以前の記事にもありましたが、フロントフォークの渋さはスプリング上部にφ30のスラストベアリングを入れると格段に良くなります。スプリングのネジレの抵抗をベアリングで逃がしますので、伸び、縮みのスピードも速くなります。全開走行時やトライアル的な乗り方の時でもタイヤの追従性が上がりますのでオススメです^^y
| marburu | 2009/11/12 12:48 PM |

necobitさんどうも!
ご参考になれば幸いです
表示を見て出来るだけ強いポンプを調達してくださいね
お互いオフライフ楽しみましょう!
| てら | 2009/10/28 1:40 AM |

始めまして、necobitといいます。
オフ系の記事を読んでいてたどり着いたのですが、
この洗車のアイディア、盗ませていただきました(^^;
やっていることはとてもシンプルなのに、
いままで何で気がつかなったのでしょう?という盲点的アイディアでした。
外で洗えるというのはかなり便利ですよね。
これからとても快適なオフライフが出来そうです。
| necobit | 2009/10/28 12:21 AM |

リンク、ありがとうございます!
私もリンク貼りたいものの、そのヤフーブログ以外ではその機能ないみたいで、すみませんm(__)m
てらさんのHPはアイデア満載でとても勉強になります!(^^)/
| T28 | 2009/03/10 7:49 PM |










http://serrow.terasg.com/trackback/1072596

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ