すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
チェーンの無給油潤滑を一年間やってみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・チェーンの無給油潤滑
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

オイル注入口をしばる

ただ単に細い針金でつないだだけ、なんですが。


しかし、このフタを走行中に落とした事のある人は
それがどんなに困った事態を引き起こすか身にしみてご存じと思う。

すぐ下にクラッチが高速回転しているのでヘタに物を詰めるわけにもいかず
エンジンを掛けるとオイルが激しく噴き出して減ってしまい、そこらじゅうオイルまみれになる。
焼き付き覚悟でエンジンを掛けるわけにもいかず、押して帰るしかない。
それが山の中だったりするとどうしようもないくらい困るはずだ。

近々UP予定の「クランクケース内負圧化」に関連して「大気圧に戻す」ためにこのキャップを開け閉めしていたらついうっかり「ギュッ!」と閉め忘れてテスト走行に出てしまった。

近い所でキャップが無くなっているのに気が付いたから良かったものの、レース中や遠い所だったりするとぞっとしたので1本くくりました。

ま、そんなドジしなきゃ済むことですけどね。
<< 泥よけスポンジの更新 | main | クラッチ板交換など >>









http://serrow.terasg.com/trackback/1024454

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ