すうぱあセローの秘密とか

セローのいじくりをベースにエンデューロ物とかなんやかんや書いてます。
怪しい記載もあるのでまねっこするときはご注意くださいね

−−−−−−−−−−−−秘−密−的−粒−焼−−−−−−−−−−−−−−
チェーンの無給油潤滑を一年間やってみました
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

★最近のUP★latestボタンで
 ・チェーンの無給油潤滑
 ・サバ広2017レポート
 ・中華ショッププレスの修理
 ・2011 JNCC ビッグディア広島
 ・バイクライフの節目に
 ・最強?のゴーグル

リンク&コメントは右上のボタン(Links &)ですー

泥よけスポンジの更新

以前、サバ広対策(エンデューロ向きの対策)のページでUPした泥よけスポンジですが、
最近良い材料が入手出来るようになったので作り直しました。


これは先日のサバイバルin勝光山のゴール後の写真
このテのレースとしては「普通の泥具合」だったけどこんな具合。


ノーマルだとここの空間にイヤというほど泥がのっかり、その重い荷物を運び続けることになる。


これは以前作って紹介した物。いままで使用していた普通のスポンジの泥よけ。
泥つまりを防ぐ機能は果たしたが、目が細かいのでたっぷり含水してしまい、結局重い荷物を運んでいたことになる。(ドライな状態で58gあった)


100円ショップに行くと「水はけのよいスポンジ」と表示し、石鹸置きやスポンジタワシ等が売っている。
材質名としては「ポリウレタンフォーム」ということらしい。
残念ながら大きい塊では売ってないので1000円分くらいたくさん買ってくる。素材コーナーに置いてくれないかな、、、


拡大すると目の粗さがまったく違う。水を掛けるとサーッと落ちて行き、すぐに軽くなる。


完成品を底から見た写真。黒い部分は接着剤でつないだ所。
目の粗いスポンジだけだと土や泥が入り込むので底以外の面に薄い独立気泡のスポンジシートを貼った。


新品と旧品、これは右側用。スイングアームの上面に取り付け、サスが沈むとマフラーに接触するので耐熱材を貼り付けた。


新品は22g 軽い。


エキパイ側 取り付けた状態。


チェーン側 チェーンカバーとエアクリBOXの間に挟まるようにして取り付ける。
スイングアームがストロークするとスポンジが伸縮出来るように作りました。

他にも泥が付きまくり、全体では相当な重さになるんだけど、今の所はYAMAHAのマッドガードスプレーを愛用。そこそこ効果はあります。
フェンダーの裏側にかけておくとある程度の厚さまでしか泥は付着しないし、掃除もしやすいデス。
スポンジを貼り付けるタイプは使ったことありません。。。
<< 配線の軽量化 | main | オイル注入口をしばる >>









http://serrow.terasg.com/trackback/1005908

blog information

>> Latest Photos
>> Recent Comments
>> Links

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ